【神聖/創造史.黒の書】

黒のみの世界に,潤った白い種が天から産み落とされた


1/0:1
その黒の世界は何もかもが空虚で,黒しか無い世界に
白の種が存在して居た

その白の種は黒の世界に根を下ろし,そんな白の種に
戸惑いながらも黒の世界はその白の種を受け入れ,
そして,白の種を深く愛で入れた


1/0:2
黒の世界に愛された白の種は健やかに育ち,そして
白の美しい大樹へと姿を変えて見せた

白の種はここまで育ててくれた黒の世界に深く感謝を
し,黒の世界を深く,より深く全てを委ねる白の種に,
黒の世界はより一層深く愛で通し,その美しい愛で
白の種は六つの大花を産み出した

黒の世界との愛の証として,種と世界は大いに喜び,
その実りを深く愛で育てた

その中で深い葛藤を味わう事も知らずに…


1/0:3
種と世界が愛で育てた六つの美しき大花は大いなる
実りへと姿を変え,そして,一つの実りから六つの種が
一つに詰まった種袋へと変わる頃には,白の種は少し
ずつ枯れ始めて行った

白くも美しい大樹から,少しずつ白い葉を落とす白の
種を昔変わらずに愛で通す朽ち果てる黒の世界に,
白の種は胸震わし,そして深い愛と共に深く自身を
忌み嫌った

黒の世界は,生死を繰り返す白の種に世界を喰い荒ら
されて死ぬ--------…,その真実を白の種は今まで知ら
ずに,黒の世界を喰らい続けたと言う真実を…

生死を永久に渡り続ける白の種と,一度きりの黒の
世界の永久の愛の末路…そして,愛の結晶で有る六つの
白の種袋を白の種は全てを喰らった

自身の使命を全て投げ捨ててまで,愛する黒の世界の
為に愛する我が子を喰らい,膨大な養分を黒の世界に
送り込む筈だった…,生かす筈だった

愛する黒の種とずっと側に居たいだけだった…

だが,そんな白の種の純粋なる思いを初めて黒の世界は
白の種を拒絶し,それに激怒した白の種は黒の世界を
全て喰らい尽くしては,粉々に破裂した

全てを喰らった膨大の養分は黒と同化した白の種の
殻に覆われて一つの"太陽惑星"と成り,喰らった六つの
種袋は惑星へと変わりて,最後に抜け殻と成った白と
同化した美しい黒の世界は"宇宙"と呼ばれる様に
なったのだ--------…


そして宇宙は泣いた,一粒の雫を大地に落として…

そして目覚めるのだ,この宇宙を創造する
第一創造主を…

そして始まるのだ,全ての創造史が産声を高らかに
上げながら,終わりの無い夢を見るのだ-------------…

 

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴