ネームを描く時や,

ラフに文字を書く時は,脳に追いつく為にも敢えて
ひらがな ばかり使用して,清書をする時に流れの
修正&漢字変換するのが林 由貴 流だったりもします

…まぁ,それでも全く以て追いついてませんし,文字の
手直しばかりで私しか分からない感じなんですけど,
それが原稿に記入すると あら不思議!
誰でも見られる作品に早変わりするんですよね~
(*´ω`*)

気にすると,不思議な感じがしますね(笑)



自身用ネーム(超絶雑!)

編集者さん用ネーム(ラフに見易く)

修正&確認

原稿にGO!!!


ってな感じで,担当編集者さんが居ない場合は真ん中が
ゴッソリと抜け落ちます

勿論一人は気楽で好きですけど,初頭の物語の流れが
決まる迄,制作の邪魔は許さないタイプなんですけど,
編集者さんが居無いと実に もの淋しいです

編集者さんが居てこその作家だと思うんですよねー…

まぁ…,パートナーが出来ずに独りの時間が圧倒的だっ
たからなのか,初めての担当さんで失敗したからなのか,
痛い事ばかりで理解者が出来無かったからなのかは
未だに分かりませんけど,パートナーの思い入れって
有ったりもします


物語は何時だって,一で進み,二で交わり,三で発展して,
数を増やして行く程に螺旋状のように規模を上げて
巨大化して行きます

だからこそ,見てて羨ましいです

仲間が居て,ビジネスパートナーが居て,同等な会話が
成立して,競い合って作り合って手を取り合って---
ーーーーーーーーーー…

非常に眩しく感じます


感じるんですけど,"周りに合わせて,レベルを下げて"
との言葉は始めは良くても私だけが辛いだけで,
心の中では次第に疲れては嫌気がさして来る

そして何時の日か私を見るとムカつく,何を考えてる
のかが分からないと言われ,妨害されるようになって,
馬鹿みたいな出来事ばかりを体験して行っては,愚直に
上を目指し続けて試行錯誤して---------…


年を重ねる毎に静かな中身になって,穂垂れる実りで
在れば良いなぁって,ふと思う


ではでは,拍手有難うございました!

また後で~(*´ω`*)~


f:id:yuki67hayashi:20200501142525j:plain

f:id:yuki67hayashi:20200501142543j:plain



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴