私にとっては,

今の この感じが凄く過ごし易いです(*´ v `*)

薄い雲のヴェール越しで辺り一帯を照らしてくれる
太陽の光と共に,火照った身体を涼ませてくれる湿り
気の在る冷えた風が渦を巻いては突き抜けて行く

雨の残り香を色濃く染み込ませた土の匂いがし,植物
が青々しく生い茂る中で生き物達が変わらず生活を
し,鳥が声を出して鳴く中で蜘蛛が巣作りをし,大小
問わず蝶やトンボが優雅に空を舞って居ます

家周辺には未だに鶯が声を高らかにあげたりしてま
すが,今日は洗濯し易い日だと思います

梅雨にしては,あまりにも爽やかでしょうが…


家周辺の植物を見続けて思う事が有りますが,梅雨が
入る前から,ツル状の植物が大量に生えて来ました

この場では初めての植物で,尚且つそれを感じさせな
い成長速度や様々な種類の形状に"ほぉ…"っと
したり,ツル状ならではの 他の植物を巻き込んで
何重にも巻いて,締めあげては交える数多くの姿に
思わず頬を赤らめて仕舞う程です…

毎日毎夜,直視出来無い程に気恥ずかしいですよ…

まるで植物の性行為を見せられてるかの様です,
嗚呼…,アレが"艶めかしい"を通り越して"婀娜(アダ)"
って評するんでしょうね_______…って
分かったり,

人間や生物の性行為は学問として眺める事が出来る
んですけど,特徴故の絡み,性的行為では無い植物の
行為に何故顔を赤らめ,視線を逸らさなきゃならない
のか…って,新たな自身の発見をしました(汗)

まぁ,処女だからって云う意味には繋がら無いかと
思いますが,ああ云う艶やかさを手にしたくは
なります


様々な植物を触診して,葉や茎に触れて,第一思う事
はどれも"慎ましくもしなやか"だと分かりました

他の場所の植物の様に,茎や葉が大ぶりだったり,
大雑把な硬さが無く,スタンダードで日本人らしい
性質で育ってる事を知り,大木を切り取られ,その後
の草取りで成長環境が変わったのか,

例のツタ状の植物が周りと同調する様に育ち,周りの
植物達が のびのびと伸びて育ってますが,どの子達
も水分を多く含む場所でしか育たない植物ばかりで,
こじんまりとしてユリ状に乱れて咲く,桃色の雑草が
所々で生えたり,野生のミントの柔らかさを堪能した
りと…,

様々な虫にとっては過ごし易い場所になってる感じ
ですかね,白い蜘蛛ちゃんを毎日の様に見かけたりし
ますし、前とは比べ物にならないくらいに繊細に,
豊かになったなぁ…って,そう実感します

どの要素もそんなんですが,"しなやか"さの重要性を
改めて知れた感じです


全ての事柄や学びは全て,一つの真理へと糸を繋いで
居ます

知れば知る程,学べば学ぶ程,掘れば掘る程その造形の
美しさや,深みへと触れる事が出来ます

そして,貴方に作品や文章で通じて話したいと思う

楽しみにしてくださいよ,私にしか創れない物語です
から


ではでは,ネームの清書の続きを描きますね~

後もう少しで"レイス"の半分に到着するので,それが
終わったら"KO-TA"のリメイク版を手がけます

それでは失礼します~

ではまた~


f:id:yuki67hayashi:20200621150515j:plain

 


f:id:yuki67hayashi:20200621150549j:plain

(↑ラクガキ妖精ちゃん,性質は限り無く純真で残忍
な子供と同一)

 

 

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴