拍手有難うございます!!!

まさか,自身の悶々とした話しに反応を頂けるとは
思わなかったので,少し驚きました(´V`)♪

有難うございます!


何故,自身に男性器が育たなかったのか,もしもその
長さが在ったとして,それは機能するのかしない
のか,その女性器との折り合いや肉体の造りとしての
__________…,

そんな事を昔から考えて,様々な事柄を見て知りつつ
も,その疑の答を発見しては 旧ブログに述べた事が
有りました

基本的なベースは全て"女性体から"に なりますが,
"創造"と云う名の錬金実験に おいては"男性"と云う
大地に芽吹いた種が無ければ,破壊と発展は一切
ありえませんでした


効率性で云えば,両性具持ちの女性のみでも世界は
廻りますが,そこを あえて"男性"と云う異端分子を
差し出す訳や,その答の神秘性に うっとりとします

振り幅が広い分,どれに属し,成長するかで人間界で
の立ち位置や存在意義が大幅に変わって仕舞う男性
の気苦労って,言い表せない程だと思いますがね

それ以外でも,様々な重責に捕らわれちゃうのにね

"存在する"のが女性,そこに"意味を見いだす"のは
男性だからこそ,"美や金(きん)"も全ての始まりは
男性から発見され,認知されて行った


その大昔に述べた話しも踏まえて,今でもその考えは
変わらなかったりもします

その話しは十代後半にした話だったかな,二十代頭に
した話しだったかな…?

そんな些細な事は忘れましたけど,男性の知性は磨け
ば磨く程光り輝くので,生きてる内にいずれかは,
燃え盛る私の知質を共有させたくなる 月の様な殿方
と巡り逢えたら…と、

そう願ったりもします


ブログでは話しきれない事がいっぱい在って,きっと
私しか知らない発見ばかりで,私しか感じない疑問
ばかりです

欠けてるからこそ得たのか,得る為に欠けたのか…

どうなんでしょうね(*´ω`*)



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴