何時でも

投稿漫画が描けられるよう,フリー漫画とは云え
ども同じような やり方で作成して居ります
(*´ v `*)

 

f:id:yuki67hayashi:20201109151117j:plain


そして上記のを書いて気がついたのですが…,私,
どうやらページ記入を間違えたみたいで,全60p
と云いましたが…,

"全61p."だった事が判明しましたっっ(汗)

やっちまったぜ…!!!

なので,11日の連載開始時に修正しようかと
思って居りますので,当日は宜しくお願い
いたしますっ


スターを押してくださった ふぇでらおさん,
インク@青年求職家 様,Twitterにてハートを押して
くださった方,そしてブログに足を運んでくださる
皆様,

何時も有難うございます…!

本当に何時も感謝でいっぱいです(*´▽`*)


自身を観察し,周りを繋げ,他を眺めてみては,その
"軸"を回して弾かせます

"知"への探求を留める事が出来ず,自然と人間の
共通点や自身の発見した数々を,改めて味わい直し
ます

人を眺め,虫を眺め,動物を眺めては創造物に触れて
思い耽る


気分がのれば 発見した&何故だと感じた事をブログ
にて話しますが,学ぶ事は実に色付く事で,それと
同時に色褪せる事でも 在ったりもする

どれもが共通して,どれもが連結して居て,その
公式的な美しさを発見する度に心踊り,そして
心窶(ヤツ)れて行く事に繋がったりもする

それを気づかせたくは無い&知られる必要性を持た
ないからこそ,全てにおいて 皮を纏(マト)いて,裂く意志
を持つ存在に因りて,骨を知る

人を知る為に人の腹を裂き、
その生体を知る為に皮を裂く知的欲求と共に在らう
引力に,この身が打ち震えそうになる


学者として自然界に身を捧げるべきか,医者として
生体に身を捧げるべきか…

どち等も欲しいから,私は漫画を描き続けますが,
たまに自制が緩んで,学問の奴隷に陥る事が在って,
その時見る 人の内の,中の,臓器や骨の奥底に在る
本質や"個"に 舌なめずりが止まらなくなって,

餓えた腹が唸りを上げる度に,その個体を
"美味しそう"だと笑み溢れる私は どうしようも無い


はい,私の笑顔は"素敵だ"と好評です


一般的な人の"性欲"が,私にとっては"知欲"に繋ずる
んだと そう感じるし,知的な存在から目が離せられ
無くなるのも,本能的に致し方ない事だと,

私はそう思います!

おわり


f:id:yuki67hayashi:20201109151240j:plain

 

 

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴