前々から思って居た事ですが,

やはり学校は"学問"を取り扱う企業ですよね


営利の為に"学問"を売り出し,その価値を求める者を募らせ,試し,自身の
ブランドに似合うモノを引き寄せる力を得る


時を進める度に価値が上がり,その企業独自の視点や方法,繋がりが
貯蓄され,広がって行く


そしてそれ等が長きに積み重ねて行く事でブランド力が強まっては,
より一層高値で売り出し,求める者の水準を引き上げ,他所から価値の在る
情報,高級な物資,有益な関係を得られる可能性が高まって行く


そして又、価値の底上げと共に水準を引き上げる事が可能となり,
高位に相応しい学校と成る。


望めばだが




自然的な事を"純粋"と称するのならば,上記の取り扱う学問は まさに純粋な
学問では無い


けれどもだからこそ,学問が大幅に守られて居る(囲って居る)理由にも
繋がり,それが手垢まみれだろうと,改善改悪されて居ようがその元は
誰にも分からない


悪い所ばかりでは無いし,口伝の伝承者だけでは一般~裕福層の知性は
高まらないのだろうし,様々な記事でもお話しをした内容ばかりです



Copyright(C)2020-2022. tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

Master, Yuki Hayashi.