警備員仲間からは

 

”生きる伝説”だと言われ、一部からは”変態”だと畏れられ(笑)、
様々な方々に顔を覚えられては”お越しいただき有難うございます”
と,クライアントさんに畏まられる…,そんな警備員です。

 


段々と都心部を我が物にして行きまして,その上で自身が作家業を
して居ると知られれば,とても面白い事が起こりそうな感じは
しますし,

 

何かと面倒なので,未だに口外はして無い感じです(笑)

 

何かと内情やら本性を知られるので,その点を踏まえて下っ端は
気楽なんですよねぇ~っっ

 


腹が立てば仕事ぶりで叩きのめせば良いですし,警備業は”歴”では
無くって”現場主義”の”実力社会”だと思って居るので,生意気な
目上共には後に自身の”実績と会社との関わり”を知れば
面白いくらいに様変わりするんで,なかなかに下っ端生活は愉快な
モノがあるのと,経験を積めて試行錯誤出来る分,今の会社さんには
とても楽しませてもらって居ます

 

色んな場所に行かせてくれるし,様々な現場で遊ばせてくれるし,
そして危険人物だと思われて居るような気がする(笑)

 

…まぁ,今はそれどころじゃ無いんですけどね(-_-;)”

 

未だ々々色んな意味で呼吸困難なんで,呼吸器内科で通院しながら
体調管理に励んで居るのと,仕事もリハビリしながらで,肺が
しんどくなったら休ませてくれたり,配置変えもお願い出来る分,
今でもこの会社に入社出来て良かったなぁーって思ったりする

 

 

 

最近思った事があって,昔から私自身と私の作品の雰囲気が
”違い過ぎる”と言われて居ますが…,私の激情や本気の仕事ぶりに
一度でも触れた人には”凄くマッチして居る”と思われる自覚を
するようになりました

 

30歳来てから一人暮らしをして,漸く力の使い方を分かるように
なりまして,東京都は私に優しいのと,自身の特異性と周りが言う
自身に備わる人徳の高さを伺い知れた分,この先が実に楽しみ
だなぁー…

 


その前に体調を良くしなきゃなぁー…,かなり瘦せて,体力落ち

ちゃったので,未だ何も手付かずです(汗)

 

 

 

 



Copyright(C)2020-2022. tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

Master, Yuki Hayashi.