私が死んだら

 

みんな泣いてくれるかなぁー…って、ふと そう思いました。

 


勤務中に自転車との接触事故が起こって,大きい音が鳴りました

 

結果 背中の左肩を痛めましたが,そんな事因りも乗り手さんだった
ので,真っ先に乗り手さんの怪我や体調の確認と共にバンソウコウの
有無まで聞いて,ぶつかった自転車のカゴ等を確認してから
謝り続け,仕事が落ち着いてから上司に報告と共に,

 

クライアント様に報告書を提出した日が有りました

 


その一点以外は完璧で,トラブルや事故は全く無い平和そのもの
だった故に凄く驚いた出来事で,終始交通量がとてつもない日だった
ので,多くの方々が目の当たりにした出来事でした

 

後ろに目が合ったら防げたんですけどねぇー…,安全第一に声かけして
居たのに残念です

 


過去が過去なので,自身の痛み そのものには二の次に,普段と
変わらずに話して淡々と業務に あたれるので,その現場で誰も私が
ケガをして居る事なんて気づかないんですよねぇー(笑)

 

バリバリ働いた事後報告で上司に驚かれる( ´艸`)”” HAHAHA…!

 

なのできっと死んだら周りから突然死したように見えるタイプで,
”あんなに元気だったのに…!”って言われるタイプ(笑)

 

絶対に。断言できる(笑)

 


”死”が怖いかって言われると,そんなに怖くは無くって,気分に因って
死にたくない気持ちにもなるし,元々自殺願望者のように自ら死にに
行くタイプでも無いです

 

痛いのイヤですし。出来れば避けたいですよ、心の底から

 

生きる事はとても楽しいですよ,死ぬ事よりも生きたいですし,
今でも痛みで涙出てますもん(笑)

 

でも警備員だから”危険”では無くって,ただ目に付きやすいだけで,
本来ならば誰もが事故に遭い,誰もが刺され,誰もが死ぬんですよね

 

毎日誰かが産まれて、毎日誰かが死んで居る。

 

知って居るのに、みんな それを意識しない。

 


それと同時に警備員だからこそ、私の純潔が守られたり,周りから
守られたりする事が良くあるのと,良い人達がいっぱい居る分,

 

この会社で働けて良かったなって、心から そう思えます。

 

だからこそ,辞める気は今の所は無い心地良さがあって,私に会いに
現場まで会いに来てくれる方も いらっしゃいますし,
今では行き交う40トン車もお手の物(笑)

 

4トン車なんて可愛いものですし,本音で ぶっちゃけると周りの方々が
私を気にかけてくれるのと,注意してくれる程の働きぶりを出し
続けて居る結果かなぁ…って思ったり、

 

その上で私の配置場所で誰も泣かせたく無いし,事故もさせたく無い
気持ちでいっぱいなので,その上で死んだら そう云う運命だったん
だなぁー…って,受け入れては平和な環境を心掛けて居ます

 


元々綺麗な人間でも無いし。
泥だらけでボロボロだし。

 

なので,私が死んだら みんな泣いてくれるかなぁー…

 

家族以外でも そうだったら嬉しいなぁ

 


よし!漫画の続きをしよう!!!

 

 

 

 

 

 



Copyright(C)2020-2022. tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

Master, Yuki Hayashi.