仕事もそうですが…、

 

家も落ち着いてから数日経ちました。

 

前回の記事でお話しをした通りに,12月からシフトが様変わり
したので,それに慣れる為と,その間に様々な発見を得たり,人や
社会について追加で思う事も幾つか在って,

 

なかなかに 食傷気味になる事柄ばかりで、その程度で
って鉄面皮に磨きがかかりそうな事柄だって勿論あります。
えぇガキくせぇですね。だからこそ映えるモノが在る。

 

だからこその境地と共に,”私だからこそ”の理由と見解も
生まれて来ます

 


この前,後輩スタッフさんに”林さんは何度,転生を繰り返したん
ですか???”ってな事を真面目に聞かれ,とても面白かった
話しを耳にしました(笑)

 

今まで聞いた事も無いぞ(笑)

 


もしも本当に転生を繰り返して居たのなら,こんな生き物になる
のかなぁー…って,そう思いつつも,
流石に私みたいにならない方が賢明だと思うお話しでしたが…
(私の事を教えてませんが)、

 

彼等にとって私は,とてもキラキラして居るように 見えているの
でしょうか。

 

私にとっては背の高く,お洒落で瑞々しくてスペックの高い彼等が
一等に眩しいモノです(何因りも,見ていて面白いですし…。)

 

ワンコ。ワンコ。

 


よくよく思えば,未だに この歳でも同世代(であろう)の方々と
関わる機会はありませんが
(もしかしたら見過ごして居るのかも知れませんが…),
目上か目下と関わる事が多い人生ですけど,トラブルやアクシデント,
失敗だらけな渡り鳥人生ですが,

 

そんな人生も悪くないかなぁー…って,目を細めたりします

 

何度も青ざめる皆さんを安心させてあげたり,駆け足でやって
来るトラブルもアクシデントも元々の”理由”って有りますんで,
そうなった理由や仕組みを紐解いたり,結果さえ良ければ
解決する事なので,

 

知識と共に,経験在っての勝利ですよねぇー…。

 


何処までキッチリしたら良いのか,何処までアバウトで良いのか,
企業の職種や取扱う品物に因っての関わり方と,何が起きても
何とかやれる気持ちが在れば粗方大丈夫なんですよねぇ~っっ

 

だって,大方の事は書いて、話して、寝るだけでちゃんと終わる
んですからね( ̄▽ ̄)ニヤリ

 

長期化し易い歪んだ奴等とのやり取りが無ければ…、ね。

 

自身が生き易いように,大切な人々や環境を守りたいのならば,
貫きたいのならば,多くの失敗と経験を得て行けば良いと,
私はそう感じる

 

そうすれば私がした事を,次は彼等が同じ事をして行けば良い
だけですし,規模が大きければ大きい程,より必要性を感じて
しまう。

 


人生は砂糖菓子のように甘い。

 

だけど砂糖だけでは生きては行けないからこそ、その菓子の
伝統的な作り方、本来の味わいを大切にして行きたい。

 

味わいとは想い、その気持ちは失っては いけないのだと思う。

 


この前ですけど、祖母の関係で,弟の事等で,父と何度も険悪に
なった事が有りましてね…,

 

言いたい事を伝える覚悟と,それで失う機能が在っても良しと
する気持ちが在れば,どうだって事は転がる。

 

感情は安直に表に出しまくるべきでは無く,本当に必要な時に
暴れさせる心の揺らぎで在って,結局は おもいも考え方も
引き継がれ無ければ

 

存在しないのと同一だ

 


人らしく在れないのならば,動く事を辞めるのならば,無駄な
長生きをしない方が良いですし,それ故に 何時の間にか愛情の分
だけ嫌悪に変わり,それ故に崩壊を生む大きな原因になる

 

祖母よ、死んだ祖父のように生んだ子を不幸にさせるような
マネをするなよ。

 


私が壊して整えて、妹達が育んだ環境をぶち壊す事は許さない。

 

誰の言葉を信じるのなら妹の言葉を信じるし,情ゆえに牙を
向かれるのならば情ゆえに立たなくちゃ行けない事だって
ありますし,どんなに責められても罵声を浴びせられても
本当の事を分かってくれる人が居れば,私はそれだけで良いや
って思う

 

心の揺らぎは後でどうだってなれますし,そんな原因だって
狭い世界でしか通用はしない

 

本当、何度も言いますが、何時死んだっておかしくは無いの
だからこそ、後悔はしたくは無いです

 


帰って来れる場所が在って,受け入れてくれる人が居て,
バカみたいなやり取りが出来る環境が在って,そして信じて
くれる経験の積み重ねをバランスとして,
人々の心の安定を生む事へと繋がるのであって,本来は
私にも ほしかった事柄でした

 

今は落ち着きましたよ。まぁ、どんな波が起こっても
今は どうにでもなれますがね

 

 

そうそう、大分前の記事での妹との悶着はありましたが,
皆さんとお話しをしてから数日後に解決しましてねぇー…。

 

少しずつ何時もの妹の気の流れに戻って居て(一時期
かなぐり捨ててやろうかと思いましたが),そこから見ても
分かる通りに”与え過ぎも宜しくは無い”と実感しました。

 

忘れて居ましたが,そこも植物と変わりは無かったと改めて
認識しましたし,私自身もバカやれる今の妹の方が良いさ

 


意識するだけ思う度に,途轍もなく業務的で新鮮味も無く,
面倒くさくて虚無も行き過ぎて絶無になる心は
どうしようも無く

 

意識する花、思案する花、主張する花、放散する花か…。

 

まぁそんな事因りも,今まで秘めて居ただけの妹が真っ直ぐ
物言いする,自身の判断を信じるようになって,それは良い傾向
だと思いますし,やり過ぎ無ければ こちらから云う事
ありませんしね~っっ(笑)

 

最終的に親,兄弟関係無しに,楽しく事運べば一番だ

 

 

そうそう!相変わらず職場で上司に暴言を吐かれますが,それを
聞く度に”甘ちゃんだなぁ”って内心笑って居ます

 

この前本当に鼻で笑ってしまって,さらぁっと やり取りを
しましてね。

 

勿論,伝統に対して勉強になる事や,知らなかった事を知る事にも
繋がるので,一括には”悪”だとは思っては居ませんし、
勿論"善良"だとも思っては居ません。

 

今までの職場だって新人として入る分,知って居る事を敢えて
知らないフリをしては聞き続けて来ましたし,何時だって懸命に
人に尽くし、転々として行けばいい加減に
その環境と人々の系統と問題点が見て取れます

 

やろうと思えばお客さんを私の元へ集める事が出来るでしょう

 

やろうと思えば会社を潰す事だって出来るのでしょう

 

私と共生するのならば繫栄を、私と紛争するのなら陥落を。

 

そんな気持ちばかり。何故分かってくれない。

 


見て居たら,眺めて居たら,目上の奴等には”ソレ”でしか縋りつく
事でのみ,自身を主張する事が出来無いので,逆に云えば”哀れみ”

 

そして名を残す事無く死んで行く哀れさ

 

つくづく哀れ。だからこそ、せめて私の養分になっておくれ。

 


目上運が無いのならば簡単な事で、目上が居無い状況を作れば
良いだけだって知って居ます。

 

私が新たに事を始めたら良いだけです。私が稼ぎ頭になれば
良いだけで,私がそれで稼げば良いだけで,
閉じた口を開いたら良いだけです。

 

よし、漫画を進めよう。

 

はじめは物語を終わらせてからだ

 

 

 

 

 

 



Copyright(C)2020-2022. tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

Master, Yuki Hayashi.