花束を贈ろう

貴方に一片の思いを込めて、私は花束を贈ろう。

貴方から見て、この花はどんな言葉を伝えるのだろうか。

将又、私同様に、何一つも発しないのだろうか…。

鮮やかにめかし込まれたリボンがまるで、宙に舞う二対の蝶のようだ。

美しく巻かれた包装紙が、子を抱く親のように、花束を優しく包み込む。

葉と花と空間が、大舞台で奏でられるオーケストラのように、共演する。


貴方に何を贈ろう、貴方に何を渡そう、貴方に何を話そう。

そうだ、花束だ。


貴方はそうでは無いのかも知れないが、私は貴方を愛している。

でも、きっとこの想いは貴方には届かない。届く筈が無いんだ。

愛しては、いけなかった。

ならば花束を造ろう。花束を贈ろう。拙い花束で貴方に、愛を込めて。


貴方に一片の思いを込めて、私は花束を贈ろう。

貴方から見て、この花はどんな言葉を伝えるのだろうか。

将又、私同様に、何一つも発しないのだろうか…。


それで良い。その想いと共に、儚く枯れて行けば良い。

愛しては、いけなかった人へ。

私から、貴方に、花束を贈ろう。


愛しています。と。
 

 

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴