拍手,拍手コメントを

有難うございます!!!

拍手コメントに至っては,新年初のコメントに嬉しく
思って居ます

ありがとう(*´ v `*)

勿論,拍手だけでも嬉しいので,何時もパチパチ有難う
ございます!


あの満月は"ウルフムーン"と云うのですね,親切に
解説付きで,とても分かり易くって,調べる手間が省け
ました(照)

お気遣い嬉しいです,学校の先生になれそうです
よね!

へぇ~…,新年初めの満月は,狼が人一倍遠吠えるんで
すね…

んで,様々な諸説が在るけれど,それが一番有力説で,
半影月食と共にやって来るのかー…,実に面白い話し
です!

狼の勉強にもなりましたし,狼は古来より"生と死の
運び屋"だと云われ,"太陽と冥界,再生の象徴"と云う
極語を持つ,神格化された存在です

その狼に因んだ名の"ウルフムーン"…,あの月に恥じ
ない,素敵な名だと思います

教えてくれて,本当に有難うございます!


"新年"の概念が無いのに何故,狼は新年の満月に,頻繁
に遠吠えを行うのか…,そう云うように造られたの
か,将又偶然に行って居るのか,それか新年の時期か
磁場の見えない影響に反応して吠えて居るのか,月に
関係が在るのか…ふむ

どの神話や場所でもそうなんですが,貴方の云うよう
に,一般的には"太陽=男性,太陰=女性"が主流ですよね

私みたいに逆説を好む存在や神話は少数派で,身近で
は日本神話の天照大御神と月夜命の姉弟神,
遠くでは北欧神話のソルとマーニの姉弟神が有名で
すが…,それでも上記の説が主流です

あははっ,有難うございます

そう云ってくれると嬉しいです,人の数だけ感じ取り
方は千差万別で,どれが正誤だなんてそんな小さな話,
如何でも良い事です

貴方が"良いな"って感じるのを選んだら良いなぁ…
って,そう思ってます

大数を選んで悪い訳でも無いですし,少数を選んでも
恥では無いですからね~

もしかしたら,"太陽も太陰も両性具持ちだ!"って
云う考えの人が居るかもですし,その片っぽが…って
な人や,人間の概念を組み入れるだけでも此処まで
違ってたりします

人間に大切なのは"衝撃,気づき"で,それを繰り返す事
で,自身の性質を粘土のように捏(こ)ねては固めて,
造りあげて行く過程が"成長する"のと同意義だった
りもします

それを"知識欲"の本質かも知れませんが…


へぇー…,そんな漫画のセリフが有るんですね!

桜の精が男性ならば,梅の精は女性ですかね~
(*´ v `*)

私は特に,花の精に性別は気にしない人だったりもし
ますが…,桜の花は満開になる前に散り,葉は毛虫の
ご飯になるので,夏場は毛虫だらけです

でも,その木の皮は桜の花が咲く時期に剥ぎ取って
煮詰めると,桃色の液体になり,その花は日本国花と
表される程の美しさで,

他の花々と違い,散り際が最も美麗だと…,そう愛され
る花です

食用にもされます


人で云うと,天命を待たずして死を投げ捨てる
神風特攻隊,当時も今でも富んだ賞賛を並べても,死し
た彼等の心中は如何なものかーーー…

花弁も剥がれ易く,潔い散り際を"武士道"と結びつけ
てるかも知れませんし,枯れる事も行かずに成熟する
前に去るのを善しとし,そして儚い色味を,その者の
心中だと思えば,

見た目は一般的な"女性らしさ"かは,知れば考える程,
それはとても男らしい花だと,そう感じてます

昔から苦手だと思う程に


武士も騎士も,本来は"護り手",主人が居てこその存在
で,相手ありきな影の存在

"かげ"は刀の比喩や,力の隠語とされたりもします


"陰りを背に秘めて、糸も容易くその喉元を掻き散ら
かすのであろう。奴は、そう云う男だ。

実に食えない、男だ。"


男性ならば一番よく分かる感覚で,とても尊敬する人
や,どうやっても敵わない人が出来たらついて行きた
い,その人の下で学び,その強さを知りたいってな感覚

日本人男性は特に,"従う"事を愛する本質を秘めてる
かと思います

女性には無い感覚で,男性だからこそ実感する感覚で
ーーーーーー…

大昔に旧ブログで話した事で,ぽろぽろと,その話題を
出したりしますが…,そこが太陰を"男性",太陽を"女性"
だと感じる内容だったりもします


男性の性質と,女性の性質の大元を,"太陰太陽"と私は
表してます

簡単に云いますと,男性は"劣等種",女性は"優等種"

女性は元々"備わってる存在"で,男性のみ"欠けた存在"
なんですよね

欠けてるからこそ,他を使って完全を望む

欠けてるからこそ,頭を使って優位に立つ

欠けてるからこそ,力を使って混ぜ合わす

両者共に沸き立つ"産む"欲求は均しく,子宮が無いから
こそ,男性は産む為に頭を使って,力を使って,他を使っ
て合成させる

自身の子を造る為に

だからこそ,男性は作った作品や愛する道具や,性器等
にも,その名前をつけたがる


無いからこそ,持ってる存在に劣等感を刺激される,
意識すればする程,産む欲求は更に強くなる…

血筋や人間を繋げてるのは女性で,社会や学問を繋げ
てるのは男性で,優等だからこその未熟性,成長の遅さ,
劣等だからこその成熟性や成長の速度の差を,そう例え
てます

身近では男性は"蝶",女性は"花"でも,そう云えますよ


…何か,話すのが疲れたので此処までにしときます

私の方こそ長文になりましたね(笑),語ると熱が入るの
で,気がつけば,経過した時間の分だけ疲れてる(笑)

私は長文好きですよ,手紙を認めるように,時間を使っ
て言葉を作るのですからね~

そこに人柄が出ますし…,面倒くさい事は嫌いなんで,
私は貴方らしくコメントをしてくれたら嬉しいです

そうしたら,私は等身大の貴方の事を知れる

相手が居る楽しさを実感します


ではでは,漫画を進めましょうかね~

また,お話ししましょうね!

ではまた~

 

f:id:yuki67hayashi:20200112153241j:plain

 

 

 

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴