一通りの設定が決まり,

早速明日からネームに取りかかれるかと思い
ます(*´ v `*)

拍手有難うございます!!!

ノート片手に五年ぶりに勉強してみると,過去
の記憶と共に"あーだっけ,こーだったと思う
んだけどなぁ~…"って思いつつ,再度
インプットし直して,大分前に,派遣のお姉さん
方が話して居た"弁護団体"の陰った内容をも
思い出してました


派遣さんは様々な職種を股にかけるので,その
分 部外者故の様々な扱いと共に、様々な
裏事情も知ってたりするので,聞いてて飽きな
かったりもしますが,

例え冗談だったとしても,けして気持ちの良い
冗談でも無かったりもするし,光に当たる物質
として存在する以上,影が在って当然な話だっ
たり,過去の人間から繋がってる以上,

それを含めて"それが歴史"だと笑みを深めな
きゃ,心砕けて蝕まれ,停止した薄っぺらい
創作物になるだけだ


生命の神秘は何時だって,汚物の側に在る

だからこそ,土の中から原石が取れては人の手
で磨いて初めて,価値の在る"宝石"へと名が
変わる

"哀"すらも慰めとして,突き刺さる傷口から
流れ出す甘美を愛して初めて,"大人"になるん
だと思う

悲しい話だけども


私の作品は普通に見ても面白いかと思います
が,知性が高ければ高い程,きっと色々な事が
知れて もっと々々面白く感じていただけると,
そう感じて居ります

本作はかなり,その気が強いと思われます

隠れた13番目の陪審員として,"真正のガベル"
を楽しんでいただけるよう,五年前の私と対峙
して来ますか

 

そうそう!昨日ダウンロードして,録音アプリ
を使っては私の声を録音してみました(*´ v `*)

人が聞く自身の声を知りたかったのと,今後の
新たな選択肢として,音声データをブログに
載せるのは初めてだったので,昨日はその
テストを載せては調べてましたが…,

案外上手く行ったので,"由貴っとラジオ"とし
て(笑),気が向いたら更新してみようかと思い
ます

十年ブログを続けて,初めての声出しです!

私、林 由貴のイメージが掴め易いかと思い
ます


昔っからラジオのようなのに憧れてたのと,
此方も昔っから"本の読み聞かせ"は才能が
あると言われてたのと,たまに私の声が好きだ
と言う人も居るので,

本当にそうなのかを確かめたかったのが,本当
の理由だったりもしますがね(笑)


https://drive.google.com/file/d/11Bq2zGNgV4Tlh0hjQivP0N4T06-2XaiL/view?usp=drivesdk

岡山県民なので,ここは定番の"桃太郎"を読み
ました(笑)

弟が大きくなったので,今は無いんですが,昔は
図書館とかで周りの子供達も一緒に入れて,
紙芝居や絵本の読み聞かせをしてました

一発録音で勝負したので,敢えて失敗シーンも
残しましたが,たまに来る"文字"を文字として
読めなくなる瞬間も録れたので,こんな私も
含めて林 由貴だったりもします

https://drive.google.com/file/d/11dTeNd0cJWPm-BkDEQ__OfpZxAxyNqae/view?usp=drivesdk

"読み聞かせver."の私では無く,普段話してる
地声は如何なのかを知りたく,妹・みっちゃん
と昨日の夜中に話した,そんな一部分です(笑)

立派な満月と,生贄にされそうになる大姉上様
の話(笑)

何時も通りの普段通りの私達ですが,へぇ~…
私って こんな声をしてたんですね~…っ

女性にしては低い声で独特だと言われますけ
ど,興奮すると声のトーンが高くなり,その
アップダウンで"静かな時はゴキブリのように
めちゃくちゃ静かなクセに,好きな事や興味が
有る事で盛りあがる お姉はセミのように
うるせぇ…"

っとの,妹・ゆみ漢談を思い出してました(笑)


ではでは,時間が時間なので此処までにします

皆さん,お休みなさいーっっ

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴