砂時計,

時間,周期,カレンダー,風や空気の廻り,そして流れの
始まりと終わりに,新たな気づきを得ました

砂時計を回して自身を実験し,自身の思考と対話する

溢れる創作物と共に,世間を眺める

繋がる,面白いようにピースが組み入れられて,繋がる

でも,未だ々々こんなものじゃ無い

もっと面白いモノがいっぱい有って,もっと余白が
数多く存在するのに,どうして砂時計を回さずに
居られよう

バウンドをさせないボールはボールとして
機能するのか,何を以て自己を証明出来るのか

何を以てして無を有に変える事が出来,何を以てして
与えと受け取りに気づく事が出来るのだろうか

見ないだろう砂時計を何度回して落として壊して
修復させるのか,

その砂の粒に思いを馳せる

何が順行なのか



Copyright(C)2020-2021.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴