拍手,コメント有難うございます(*´ v `*)

やっと検査も落ち着き,昨日の昼過ぎに病院から
出ました

病状としてですが…,結果は"原因不明"でした

内臓系も一通り元気に動いてて,食道から胃の中,
十二指腸も綺麗だとそう言われ…,
治まらない吐き気や逆流性食道炎のような症状も,
その他全てがストレス性で一時期そうなる時が
あるから,その可能性"の高さや,

ニオイについては一切否定され,気にする気持ち
が強いのならば…、と,胃薬を処方されるついでに
心療内科でカウンセリングを勧められました

妹からは"検査までに時間をかけ過ぎたんだろう
なぁ…"って,そう慰められたと同時に,自身の
自己治癒力の高さをまじ々々と実感しました

相変わらず逞しいなぁー…,私って(笑)


ここ数ヶ月間,科は違えど個人病院と総合病院を
行ったり,紹介されたり,点滴打って寝たり,検査
入院話しやら,様々な医師に診察してもらって話し
て…,やはり人それぞれだなぁー…って,そう思い
ました

当たり前の事で,そんなに意識しなかった事だけ
れど…,必ずしも医者の鑑のような理由で,医学の
道に進む人なんて少なくって,誰しも親身な人
ばかりでは無いんだと,

そう実感しました

今まで比較的に良い医者に巡り合ってただけで,
今まであまり気にしてなかっただけで,
出会ったとしても,そんなに気に留めなかった
だけでーーーーーーーーー…


何処だってそうなんだと思う,だからこそ"鑑"って
言葉が過去より生まれ,それが尊まれ,ドラマ等の
題材にされるんだと,そう感じました

酷い人は私の言葉を信じてくれず,"悲しい思い
をした事があり…,最後の藁で医者を頼るのに,
医者に見捨てられたら患者は如何すれば良いの
だろうか,

金を払ってまで嘘をつく理由って,何処に存在
するのでしょうか…

基本的に深刻にならないと,病院に行かない私が
って


もしかしたら新種かも,もしかしたら只単に
知らないだけかも,アップデートされる世の中で,
どれも未発達だど云うのに,何故言い張れるんだ
と…,とても悲しくなりました

分かってるんです,肉体を持つ以上は無臭なんて
あり得ない事で,それが人間なんです

胃腸・肛門科の先生が云うように,如何しても
人間の9割8割が肛門に便が多少なりとも付着し
てるんだと,そしてそれが外に臭う事は全く
無く,
内科の先生は人間,口も体臭も臭いもんだと,
気にし過ぎだとも言われました


過激さは崩壊を招く,自身に向かっても,たとえ
他者に求めても崩壊を招く

目に見えない存在だからこそ,尚更でしょうね

そしてそれが次第に自身の環境となり,その
環境下に寄って生まれた存在に悩み,そこで
咲いた花の蜜を啄む事となる…

私は只,急に起こった"何故"を知りたかっただけ
で,その原因と対策を練りたかっただけで…

でも,何も分からず仕舞いでした

それと同時に分かった事が,臓器だけは全く
正常だと分かった事です


急激に"臭う"事は医学的に存在しないと,各科の
数名の先生に言われ,皮膚科の先生も"?"にさせ,
腎臓内科の先生は病状としては存在すると,只
それには腎臓肝臓機能が低下しないと
起こらない症状で,

別の内科の紹介話に感謝しながらも遠慮し,
内分泌科の先生に弱音もはきました

他へ行っても不思議がられるだけなのが目に
見え,伝える事も行く事も疲れ果てて仕舞った

"クサいと思った人の鼻が悪かったのでは"って
な事が本当なら,不特定多数がおかしい事になり
ますし…,あの時の苦しさはそんな感じでは
無かった

多くの先生に言われた通りに,全ての不調は
"精神的"なモノで簡単に終わらせても良かった

でもそれは最終手段で,キチンと一通り検査を
してから判断すべき事だと,そう背中を
押され…,ちゃんと検査しての上記でした


ニオイを第一にするんじゃ無くって,
手足の震えや,止まらない嘔吐感や胃の違和感
や謎の熱の放出等を全面的に困り出してれば,
感情的になってれば,多くの先生に真剣に
なってもらってたのかも知れませんね…

淡々とした物言いが駄目なのかも知れませんね,
幼い頃から涙が出でも声に出す事なんて
無かったし,これだから心無い人,怖い人だなんて
そう言われるんだ

きっと行くのが遅かったんだろうなぁ,早期発見
だと常識のように云われても,芽を出してある
程度成長しないと,発見はされない

でも逆に遅すぎても,手遅れになる事が唯々
多かったりもする

私の場合は今のところ機能は正常で,成分は以前
よりも不調になってますが…,きっと次第に
体調は良くなるのだろうし,摩訶不思議なニオイ
の件はあまり気にしないようにするし,
やり過ぎると悪影響なので,ケアもそんなに過激
にしないようにする

それで弱い皮膚を傷つけたら元も子もないです
し,何故か今回の件で皮膚の黒ずみが綺麗に
なり(有難いけど何故だ…),頻度は穏やかになっ
ても,変な熱の放出感覚は外出した時にふと
起こります

記録を取って,熱を測りなさいと内分泌科の先生
に言われても,外出してる中でのとっさは難し
くって,プロラクチンが高い為のMRI検査は最短
で来年の二月に,腎臓内科は変わらずの定期検査
続行です


本当に,定期検査する先生達が優しい人で
良かった

大病院様々ですが,大きな病院だからこその便利
さと不便利さ,小さい病院だからこその不便利さ
と便利さを一通り実感したのと同時に,先生の
不満話とかも聞きつつ(先生は大変だ),

"用途によって大小の病院を使い熟しなさい,
目的の為に使えるモノは上手く利用しなさい"
って,そう教えてくれました

大きい存在に拘る事も無く,小さな存在を蔑ろに
する事も無く,目的や用途によって上手く使い
熟す事かぁーーーーーーー…

大船と小船,私の目指す目的や使う用途…

うぐぐぐ…


(新旧ブログ同様に拍手やコメントを有難うござ
います(*´ v `*)
時間が遅くなったので,お返事は明日にします!

何時も気にかけてくださり,本当に有難うござい
ます,明日の面接頑張りますねっっ

応援宜しくお願いします!)

 

 

 

 



Copyright(C)2020.tankyu-nichiwa. https://www.yuki67hayashi.art/

林 由貴